ホームページ制作依頼数は増えても技術者がいない

IT系で実際が仕事が増えているのに、IT技術者が足りない分野といえば、私は「ホームページ制作」だと思います。しかし「ホームページ制作なんて誰でもできるじゃん」と、思う人もいることでしょう。けれど、ITの現場から言わせてもらえば、だからこそホームページ制作を行なってくれる技術者がいないんですよ。

今では仕事としてホームページ制作を請け負っていない人でも、ホームページ制作ができる時代です。デザインにしてもホームページの組み立てにしても、便利なソフトがありますし、それにデザインセンスの高い素人さんだっていますからね。

そしてインターネット上の仲介会社も出てきていますし、フリーランスでもホームページ制作の仕事を請け負うことが昔よりも簡単になっています。

そしてだからこそ、ホームページ制作を行う技術者が減っているのでしょう。ホームページ制作を行う人の数だけは増えていますので、値段は下がる一方ですし。そうなったら、プロとしてIT技術で仕事をする人は、ホームページ制作に手を出さなくなるわけです。

ですから私は「昔よりも仕事の依頼は増えているけれど、技術者不足になっているもの」として、ホームページ制作をあげたいのです。実際にうちの会社でも、ホームページ制作は値段次第というところもありますので。

IT業界で需要が多い仕事とは?

IT業界の求人募集は、とても多いです。特に最近多いのは、WEBデザインやCGIなど需要が沢山ありますし、ネットワークやデーターベースエンジニアの求人も多いです。WEB作成などに力を入れている企業も多いので、定期的にWEBサイトを更新したり、掲示板の管理や作り込み作業など、様々な知識も必要になり、業務内容も充実しています。また、ネットワークなどの環境構築は需要がとても多いです。効率よく仕事ができるように企業も様々な取り組みを行っているので、ネットワークの知識を持ったエンジニアの対応はなかなか充実できます。また、データーベースの管理なども必要になるため、定期的にデーターベースをバックアップ取るなど、企業へ出張して現場でデーターベースバックアップ作業を行うことができる、専門知識を持った人材は必要とされています。とても重要度が高いので、かなり充実した環境で働くことができますし、新たなスキルを身につけることができます。

IT系で減っている仕事とは

IT系で減少傾向にある仕事とは、やはり製品開発など最近は下火になっていますし、日本国内での開発は控える傾向にあります。製品は既にありますし、新しいものを購入すると費用もかかるため、今使用しているものを大事に使う傾向にあります。製品開発を行う場合、海外での対応が多く、特に人件費が安い地域で製品開発や工場など移転しています。日本国内の工場などは、かなり減少しているので、IT系ではソフトウェアの開発業務などはかなり人件費も削減しつつあります。ソフトウェアのアップデートなどで対応する傾向になり、サポート業務で経費をアップしている企業も多いです。やはりなるべく費用を抑える傾向にあるため、IT系での業務などは、色々とチェックしておくべきです。IT系は開発業務などのプログラミングは減少傾向にあるため、転職する際には開発のみのプログラミングではなく、運用などできるよな人材が欲しいと会社側は検討しています。

IT系で増えている仕事とは

IT系の人材募集は新卒、経験者など共に募集も沢山あります。ですが増えている業務と減少傾向にある業務など、違いもあるためしっかりと把握しておくことは大切です。IT系で増えている業務はデーターベース構築など、遠隔地で操作したり、定期的にバックアップするなど、必要なデーターを安全に守り、自然災害が起きた時などもパニックにならぬように、きちんと対処できるような業務はとても需要が増えています。遠隔地で操作できると、実際に自然災害が起きた時などもすぐに対応することができるので安心できます。日頃からデーターをバックアップ取ることで無理なく活用することができますし、復元する場合も元の状態にきちんと戻すことができるかなど、検証作業も重要な業務になっています。データーベースの仕事はとても需要が多いので、経験者などは需要も多いですし、スキルを持った人材は欲しいので、データーベース構築作業ができる方は職場で重宝されます。

スマホアプリを作る仕事の需要は多くなっている

IT系で実際に仕事が増えているのはスマホアプリを作る仕事です。日常的にスマホを使う人は非常に増えているのでネットビジネスをしている企業が自社の製品を売るためにスマホアプリを作りたがっています。そのため、スマホアプリを作れるスキルがある人は高い収入をもらえる企業へ就職がしやすいです。スマホアプリを作るスキルはすぐには身につかないものなので、スキルがある人をスマホアプリ制作会社が欲しがっています。スマホアプリはネット上にたくさんあるのでクオリティが高くないと多くの人に使ってもらえないです。そのため、高いクオリティのスマホアプリを作れるようにならないと高い単価の仕事をすることは難しいです。スマホアプリの中にはゲームのジャンルがあるのでゲームをすることに興味がある人はスマホゲームを作ってみるといいです。暇な時にスマホゲームをする人は多いので、面白いスマホゲームを作れる人は多くの企業へ就職することが可能です。

Webページのコーディングがオフショア化されている

Webページ作成において、デザインを元にプログラミングして
ネットで観れる状態にする作業を「コーディング」と呼びます。

これは多少の出来栄えの差はありますが、誰がやっても見た目はほぼ同じ状態になります。
(ソースコードの内容や出来は大きく違いが出ますが)
私が数ヶ月前まで、Web制作会社に勤めていましたが、
最近、このコーディング作業をベトナムにオフショアすることが多くなっていました。

こういったオフショア化の理由としては、人件費がものすごく安いからです。
日本で100万するサイトをベトナムで頼むと10万円の見積もりが来て驚きました。。
友人の会社ではフィリピンに支店を作ったそうです。

単純なコーディングはどんどんオフショア化されていくと思うので、
日本で技術者として生き残るのは、ディレクターになるか、
もっと高い技術力が必要になってくると思います。

しかし国が違うので、Googleマップの場所などが微妙に違ったり、多少の修正が必要になります。
その際に、ソースコード単位の話ができて、
日本とベトナムなどのオフショア先をつなぐ、人材が
これからは必要になってくると思います。