IT系で増えている仕事

IT系の分野でも、そのジャンルは多岐に渡っていますが、仕事の量が増えている分野と言うと、クラウド関係の仕事が急増しています。

会社が自社でIT設備を導入するオンプレミス型の運用から外部のデータセンター設備を利用するクラウド運用を導入している所がかなり増えています。

また、設備だけの利用ではなく、サービスの運用までサポートしている運用です。

この方法では、取引先の業務内容まで踏み込んだサポートが求められるために、かなりのスキルと経験が求められることになるためのですが、エンジニアの数が慢性的に不足しています。

若いエンジニアの育成や転職組から人員を補うIT企業も少なくありませんが、抜本的な対策としては、ロボット化(RPA)やAIの活用で、限られたヒューマンリワースを有効的に活用していく仕組みを確立させることも重要なテーマです。

そうすることにより、IT系でも創造性の高い分野への事業に拡大していくことになります。