IT業界で減っている仕事

IT業界で減って仕事についてお話しします。以前はIT業界というとWeb系の仕事が多かったです。10年ほど前は特にその環境が顕著でした。Webの仕事から大きくなり、野球球団を買収しようとした企業もありました。

最近でもWeb系の仕事がないわけではありません。企業や組合や個人でさえも各々のWebサイトを持っています。以前はWebが新しいもので、各組織や個人がこぞって参画しようとしていました。その結果、今日のようにWebサイトが溢れ、身近なものになっていったのです。

以前はいわゆるITバブルでWeb系の仕事が溢れていましたが、各個人にまで近しい存在となった今では、それほど仕事は多くありません。個人でもブログサービスを使用して簡単にWebサイトを作れますし、専用のツールが販売されているなど、そもそも技術的な難易度が下がっていることもその原因です。

このようにWeb系の仕事はバブルの終了と要求される技術の低下によって仕事が減っています。