ITと自動運転

最近のIT業界は自動車のロボット化が進むに従って賑わいをみせています。特に自動運転技術にはITによる情報処理が非常に大きなウェイトを占めており、IT技術者が自動車業界内で重宝されるようになってきています。センサから得た情報を運転(イコール車両制御)へ反映させるためには、情報処理技術が不可欠です。

特に自動運転技術では高速かつ緻密な制御が必要となることもあり、MATLABを代表とするモデルベース開発が賑わいをみせています。大手の自動車メーカーもこぞってモデルベース開発に着手しており、技術者の確保に躍起になっています。こういった周囲の状況から見ても、自動車業会にモデルベース開発をはじめとしたIT分野の技術者が求められていることがわかります。

今後も自動車業界内でIT技術者として活躍していくには、情報処理の基礎的なスキルはもちろんのこと、モデルベース開発のスキルや今後注目されるであろうAI技術に関する知見もある程度求められると思います。

携帯電話がスマートフォンに移り変わりように、既存の製品がIT技術の向上によって生まれ変わろうとしています。IT技術者は今後も色々な分野で活躍できると思います。