IT系で増えている仕事

IT系の分野でも、そのジャンルは多岐に渡っていますが、仕事の量が増えている分野と言うと、クラウド関係の仕事が急増しています。

会社が自社でIT設備を導入するオンプレミス型の運用から外部のデータセンター設備を利用するクラウド運用を導入している所がかなり増えています。

また、設備だけの利用ではなく、サービスの運用までサポートしている運用です。

この方法では、取引先の業務内容まで踏み込んだサポートが求められるために、かなりのスキルと経験が求められることになるためのですが、エンジニアの数が慢性的に不足しています。

若いエンジニアの育成や転職組から人員を補うIT企業も少なくありませんが、抜本的な対策としては、ロボット化(RPA)やAIの活用で、限られたヒューマンリワースを有効的に活用していく仕組みを確立させることも重要なテーマです。

そうすることにより、IT系でも創造性の高い分野への事業に拡大していくことになります。

スマホゲームを作る仕事は増えている

IT系の仕事には流行りがありますが、実際に仕事が多くなっているのはスマホゲームを作る仕事です。スマホゲームの中には無料のものがあり外出中の暇なときに手軽にゲームができるので人気があります。スマホを使う人はスマホゲームをすることが多いので人気のあるスマホゲームを作れればたくさん稼ぐ事が可能です。スマホゲームを専門に作っている大きな企業はいくつもあります。スマホゲームを作れるスキルがあれば自分でスマホゲームを作るネットビジネスを始める事が可能です。面白くてオリジナリティのあるスマホゲームを作ってくれる会社への仕事の依頼は多いのでスマホゲームを自分で作れるスキルを持っておいて損はないです。スマホゲームの中には課金ができるものがあり、人気が出るゲームを作れればたくさんの利益がでるので多くの企業がスマホゲーム作りをしています。スマホゲームを作るスキルが無い企業がスマホゲーム制作会社へ依頼をするケースも非常に増えています。

Pythonの人気とニーズについて

データ分析やデータマイニングが流行っている現在、pythonの使用を求めるところが多く、pythonができる人にとってはいい時期と言えるでしょう。もともとIT系の平均収入が高く、他の産業よりも多めに稼げます。それがpythonの魅力と言えるでしょう。そういったニーズがあるから、兼業でも稼ぎやすいです。

そもそもpythonはアメリカグーグル企業や航空関連といった大型の企業が商品開発用に広く使われているため、世界中的にみても人気の言語です。さらに、学術業界の方もpythonに力を入れていて、言語の人気どを常に上位3以内にしているため、人気度はこれからも続くでしょう。とにかく応用性が広いから、こういう系のお仕事も多いのが事実です。もちろん、javaのお仕事もにんきですが、大型企業から小規模レベルの企業まで、pythonを活用したいかもしれません。例えば、ビックデータの分析をpythonで実施するとかのお仕事が増えます。

ITと自動運転

最近のIT業界は自動車のロボット化が進むに従って賑わいをみせています。特に自動運転技術にはITによる情報処理が非常に大きなウェイトを占めており、IT技術者が自動車業界内で重宝されるようになってきています。センサから得た情報を運転(イコール車両制御)へ反映させるためには、情報処理技術が不可欠です。

特に自動運転技術では高速かつ緻密な制御が必要となることもあり、MATLABを代表とするモデルベース開発が賑わいをみせています。大手の自動車メーカーもこぞってモデルベース開発に着手しており、技術者の確保に躍起になっています。こういった周囲の状況から見ても、自動車業会にモデルベース開発をはじめとしたIT分野の技術者が求められていることがわかります。

今後も自動車業界内でIT技術者として活躍していくには、情報処理の基礎的なスキルはもちろんのこと、モデルベース開発のスキルや今後注目されるであろうAI技術に関する知見もある程度求められると思います。

携帯電話がスマートフォンに移り変わりように、既存の製品がIT技術の向上によって生まれ変わろうとしています。IT技術者は今後も色々な分野で活躍できると思います。

IT業界で減っている仕事

IT業界で減って仕事についてお話しします。以前はIT業界というとWeb系の仕事が多かったです。10年ほど前は特にその環境が顕著でした。Webの仕事から大きくなり、野球球団を買収しようとした企業もありました。

最近でもWeb系の仕事がないわけではありません。企業や組合や個人でさえも各々のWebサイトを持っています。以前はWebが新しいもので、各組織や個人がこぞって参画しようとしていました。その結果、今日のようにWebサイトが溢れ、身近なものになっていったのです。

以前はいわゆるITバブルでWeb系の仕事が溢れていましたが、各個人にまで近しい存在となった今では、それほど仕事は多くありません。個人でもブログサービスを使用して簡単にWebサイトを作れますし、専用のツールが販売されているなど、そもそも技術的な難易度が下がっていることもその原因です。

このようにWeb系の仕事はバブルの終了と要求される技術の低下によって仕事が減っています。