Webページのコーディングがオフショア化されている

Webページ作成において、デザインを元にプログラミングして
ネットで観れる状態にする作業を「コーディング」と呼びます。

これは多少の出来栄えの差はありますが、誰がやっても見た目はほぼ同じ状態になります。
(ソースコードの内容や出来は大きく違いが出ますが)
私が数ヶ月前まで、Web制作会社に勤めていましたが、
最近、このコーディング作業をベトナムにオフショアすることが多くなっていました。

こういったオフショア化の理由としては、人件費がものすごく安いからです。
日本で100万するサイトをベトナムで頼むと10万円の見積もりが来て驚きました。。
友人の会社ではフィリピンに支店を作ったそうです。

単純なコーディングはどんどんオフショア化されていくと思うので、
日本で技術者として生き残るのは、ディレクターになるか、
もっと高い技術力が必要になってくると思います。

しかし国が違うので、Googleマップの場所などが微妙に違ったり、多少の修正が必要になります。
その際に、ソースコード単位の話ができて、
日本とベトナムなどのオフショア先をつなぐ、人材が
これからは必要になってくると思います。